格安SIMとは

格安SIMとは、大手の電話会社から回線を借りて、ユーザーに提供する企業。回線保守の人件費が掛からないため、安く運営することが出来るので、大手の電話会社よりも低コストでユーザーに提供することができます。

販売開始時は、低価格の機種の評価が高かったMVNO専用のSIMフリー端末だったと聞きましたが今日では値段的にやや高いものが主流で、性能的に不都合を感じることはなくなったと言われます。
キャリアとキャリアを比較しても、通信内容又は周波数帯にそれほど差がない海外を見渡すと、SIMフリー端末がほとんどのシェアを占めており、1つのキャリアで購入したモバイルWiFiを数多くの端末で使用できます。
格安SIMとは昨今は、他社の回線を借りてサービス拡大を狙うMVNOの動きが目立ちます。ドコモ・au・ソフトバンクより料金が異常に安いモバイルWiFiを扱っていることからSIMフリー端末が市場でもてはやされています。
モバイルWiFiについては、1か月毎の利用料が通常のSIMより安いので注目されています。利用料が割安だからと言いましても、通話であったりデータ通信などが突然切れたりするという状況に陥ってイライラすることもなく、これまでと変わらぬ使用ができます。
モバイルWiFi比較の一カ月の料金が大手3社と見比べてみて文句無しに安いのは、高額スマホの無料通話をはじめとしたやりすぎのサービスを取りやめ、最低限の機能だけを提供しているためではないでしょうか。
モバイルWiFiは、ETCカードのような機能を有しているものだと言えます。首都高速道路などを走っても、お金の支払いが要求されないETCカードは、誰かのクルマのETCに入れても利用することができます。
知らない者はいない大手キャリアと比較してみると、モバイルWiFiは料金が非常にリーズナブルで売り上げを伸ばしています。料金が削減できるからと申しましても、データ通信であったり通話に不都合が出るということもなく、不満の出る要素が見当たりません。
このところビックリする速さで流行り出したモバイルWiFiに関して、色んなタイプが売りに出されていますので、おすすめのランキングを製作してみようと思います。
ネットに繋げたいときに利用する通信機能に関しまして探ってみると、Windows関係のタブレットPCには、Wi-FiタブレットPCとSIMフリータブレットPCがあるということがはっきりしました。

WiMAX

 とくとくBBは、WiMAXのMVNOの1つ。MVNOというのは、回線を開設した企業(MNO)から、回線をレンタルして、自分の企業ブランドで販売している会社。実際には、回線の保守にかかる人件費などが必要ないため、UQWiMAXよりも安くユーザーに提供できるメリットがあります。回線の速度やエリアは、UQWiMAXと同じなので差はありません。デメリットは特に無く、私は契約期間が過ぎると別のMVNOを契約して、WiMAXを使用しています。

WiMAXの場合、MNOはUQWiMAXで、MVNOには、とくとくBB、BIGLOBE、Niftyなどがあります。その中でもとくとくBBは、キャッシュバックを常に意識しているため、他の企業よりも多く設定して販売しています。

月額料金3,609円(1,2ヶ月目)、4,263円(24ヶ月目まで)

(月のデータ量制限なし、直近の3日で3G制限あり)

WiMAX端末無料

キャッシュバック有り

独自のGMOポイントが毎月100ポイント貯まり、それを月額の支払いに充当することも可能。

Y!Mobile

Y!Mobileは、一昔前、イーモバイルとして人気でしたが、SoftBank傘下に吸収され、Y!Mobileとして社名を変更しています。Y!Mobileのイメージは格安スマホという方もいらっしゃいますが、実はWiMAXと同じ位高性能でお手ごろなモバイルWiFiを取り扱っています。

MVNOの1つBroadLTEは、月額料金を抑えてお手ごろ価格でY!Mobileを販売しています。以前私もBroadLTEを使っていましたが、サポート体制も万全で、端末もその日のうちに発送してくれました。

エリアは、LTEの携帯やスマホと同じ回線を使用しているので、WiMAXよりも広いのが特徴です。速度はWiMAXよりも低速ですが、ストレスなく外でも、移動中でもインターネットが使えます。

月額2,856円(月のデータ量制限7G、直近の3日で3G制限あり)

月額とは別に685円で、月のデータ量制限は解除されます。

WiFi端末無料。

キャッシュバックの代わりに、月額料金を抑えたプランです。

 

楽天モバイル

要らなくなったスマホや、データ通信端末を持っている方は、ぜひ楽天モバイルをおすすめします。格安SIMは、安い料金でモバイルWiFiが楽しめるのでとても便利です。

使い方も簡単で、その端末のテザリングをOnにして持ち歩くだけ。

楽天モバイルは、ドコモ回線を使用しているので、エリアはもちろん十分です。

また、時々スマホ本体と同時購入のキャンペーンを行っているので、一度公式サイトを確認してみてください。

月額料金

525円(ベーシックプラン制限なし200kbps)

900円(3.1GBプラン225Mbps)

1,450円(5GBプラン225Mbps)

2,260円(10GBプラン225Mbps)

ベーシックプラン以外は、月のデータ量が決まっています。