格安SIMの賢い使い方

モバイルWiFiを手に入れるときは、モバイルWiFiカードの通信方式と周波数帯を確認し、それに合うものを買うようにしないと、音声通話もデータ通信も不可能になります。
販売を始めたころは、値段の安いものが売れていたMVNO限定のSIMフリー端末だったと聞いていますが、近頃はやや高価なものが流行っており、利用に関してイライラすることはなくなったと聞いています。
急速にモバイルWiFiが広まった今日、タブレットだとしてもSIMを挿し込んで使用してみたいという若者も数多くいらっしゃるでしょう。その格安SIMの賢い使い方におすすめすると喜ばれるSIMフリータブレットを伝授させていただきます。
キャリアがセールスしているスマホと比較して、モバイルWiFiはMVNOが限定されないことと、海外仕様のプリペイドSIMを挿入すれば、海外でも存分に使えるなどフレキシブルに使える点が注目を集めている要因です。
モバイルWiFi比較を売っている会社は、現金バックや各種クーポンのサービスを行うなど、特別キャンペーンを実施して同業者と勝負しようと考えているわけです。
モバイルWiFi比較の月額使用料は、実質的には1ヶ月間で許諾されているデータの容量とスマホの金額次第で決まってくるので、とにかくそのバランスを、確実に比較することが大事になってきます。
日本以外の空港に行けば、普通に旅行者用のモバイルWiFiが並べられているという現状だったのに、日本を見てみると、この様なサービスは長期間にわたってない状況が続いてきたわけです。
MVNOとは、ドコモを代表とする大手携帯キャリア以外の携帯電話キャリアのことを指します。数多くのMVNOがモバイルWiFiを流通させて、携帯電話サービスをお届けしているわけです。
キャリアとキャリアを比較しても、通信性能であるとか周波数帯がほとんど同じである海外については、SIMフリー端末が普通であり、格安SIMの賢い使い方に所有したモバイルWiFiを様々な端末で利用することが可能です。
モバイルWiFiにつきましては、沢山のプランが見受けられますが、パケット通信を使うことがほとんどないライトユーザーに焦点を当てたプランがいろいろあり、重点的に通信速度と通信容量が抑えられています。
格安SIMの賢い使い方は携帯会社でオーダーした端末や回線を利用するという取り決めで、携帯電話を使っていましたが、あり難いことにMVNO事業者が乱立したことで、モバイルWiFi比較がより浸透してきました。

WiMAX

 とくとくBBは、WiMAXのMVNOの1つ。MVNOというのは、回線を開設した企業(MNO)から、回線をレンタルして、自分の企業ブランドで販売している会社。実際には、回線の保守にかかる人件費などが必要ないため、UQWiMAXよりも安くユーザーに提供できるメリットがあります。回線の速度やエリアは、UQWiMAXと同じなので差はありません。デメリットは特に無く、私は契約期間が過ぎると別のMVNOを契約して、WiMAXを使用しています。

WiMAXの場合、MNOはUQWiMAXで、MVNOには、とくとくBB、BIGLOBE、Niftyなどがあります。その中でもとくとくBBは、キャッシュバックを常に意識しているため、他の企業よりも多く設定して販売しています。

月額料金3,609円(1,2ヶ月目)、4,263円(24ヶ月目まで)

(月のデータ量制限なし、直近の3日で3G制限あり)

WiMAX端末無料

キャッシュバック有り

独自のGMOポイントが毎月100ポイント貯まり、それを月額の支払いに充当することも可能。

Y!Mobile

Y!Mobileは、一昔前、イーモバイルとして人気でしたが、SoftBank傘下に吸収され、Y!Mobileとして社名を変更しています。Y!Mobileのイメージは格安スマホという方もいらっしゃいますが、実はWiMAXと同じ位高性能でお手ごろなモバイルWiFiを取り扱っています。

MVNOの1つBroadLTEは、月額料金を抑えてお手ごろ価格でY!Mobileを販売しています。以前私もBroadLTEを使っていましたが、サポート体制も万全で、端末もその日のうちに発送してくれました。

エリアは、LTEの携帯やスマホと同じ回線を使用しているので、WiMAXよりも広いのが特徴です。速度はWiMAXよりも低速ですが、ストレスなく外でも、移動中でもインターネットが使えます。

月額2,856円(月のデータ量制限7G、直近の3日で3G制限あり)

月額とは別に685円で、月のデータ量制限は解除されます。

WiFi端末無料。

キャッシュバックの代わりに、月額料金を抑えたプランです。

 

楽天モバイル

要らなくなったスマホや、データ通信端末を持っている方は、ぜひ楽天モバイルをおすすめします。格安SIMは、安い料金でモバイルWiFiが楽しめるのでとても便利です。

使い方も簡単で、その端末のテザリングをOnにして持ち歩くだけ。

楽天モバイルは、ドコモ回線を使用しているので、エリアはもちろん十分です。

また、時々スマホ本体と同時購入のキャンペーンを行っているので、一度公式サイトを確認してみてください。

月額料金

525円(ベーシックプラン制限なし200kbps)

900円(3.1GBプラン225Mbps)

1,450円(5GBプラン225Mbps)

2,260円(10GBプラン225Mbps)

ベーシックプラン以外は、月のデータ量が決まっています。