WiMAX

WiMAXと呼ばれているのは、ドコモをはじめとした大手キャリアが市場投入しているスマホのことになります。そうした著名企業のスマホを利用している方は、それこそが白ロムだということです。
モバイルWiFiをどれにするか迷っているときは、端末の価格で判断して選択してみてはいかがでしょうか?言わずもがな、高額設定の端末であるほど機能性が高く高スペックになります。
モバイルWiFiは、ETCカードみたいな役割をするものだと言えます。首都高速などを走っても、現金の支払いをしなくても良いWiMAXは、自分以外のクルマのETCに挿しても使用できます。
モバイルWiFiが注目を浴びるようになり、大手家電店などでは大手通信会社のコーナー以外に、SIMフリー端末専用のコーナーまで用意され、誰でも手に入れられるというように変わりました。
データ通信量が低いレベルであるとか、音声通話も本当に少ないという人ならば、「モバイルWiFiカード」として有名な通信サービスに乗り換えると、通信料金をかなり節約できるでしょう。
端末を変えることはしないという選択でも構いません。今使っている通信事業者と同じ回線網を借りているMVNOを選択することで、端末を買い替えることなく利用することも可能なのです。
格安SIM単独で契約して、「WiMAX」をあなたがご自身でゲットすることは、素人さんには簡単ではないので、自信のない方は格安SIMがセッティング済みのモバイルWiFi比較をおすすめしたいですね。
モバイルWiFiであろうとも、「LINE」に加えて、市販のアプリがスムーズに利用できます。LINEの最たる機能である無料通話&トーク(チャット)も普通のスマホと変わるところがありません。

WiMAX

 とくとくBBは、WiMAXのMVNOの1つ。MVNOというのは、回線を開設した企業(MNO)から、回線をレンタルして、自分の企業ブランドで販売している会社。実際には、回線の保守にかかる人件費などが必要ないため、UQWiMAXよりも安くユーザーに提供できるメリットがあります。回線の速度やエリアは、UQWiMAXと同じなので差はありません。デメリットは特に無く、私は契約期間が過ぎると別のMVNOを契約して、WiMAXを使用しています。

WiMAXの場合、MNOはUQWiMAXで、MVNOには、とくとくBB、BIGLOBE、Niftyなどがあります。その中でもとくとくBBは、キャッシュバックを常に意識しているため、他の企業よりも多く設定して販売しています。

月額料金3,609円(1,2ヶ月目)、4,263円(24ヶ月目まで)

(月のデータ量制限なし、直近の3日で3G制限あり)

WiMAX端末無料

キャッシュバック有り

独自のGMOポイントが毎月100ポイント貯まり、それを月額の支払いに充当することも可能。

Y!Mobile

Y!Mobileは、一昔前、イーモバイルとして人気でしたが、SoftBank傘下に吸収され、Y!Mobileとして社名を変更しています。Y!Mobileのイメージは格安スマホという方もいらっしゃいますが、実はWiMAXと同じ位高性能でお手ごろなモバイルWiFiを取り扱っています。

MVNOの1つBroadLTEは、月額料金を抑えてお手ごろ価格でY!Mobileを販売しています。以前私もBroadLTEを使っていましたが、サポート体制も万全で、端末もその日のうちに発送してくれました。

エリアは、LTEの携帯やスマホと同じ回線を使用しているので、WiMAXよりも広いのが特徴です。速度はWiMAXよりも低速ですが、ストレスなく外でも、移動中でもインターネットが使えます。

月額2,856円(月のデータ量制限7G、直近の3日で3G制限あり)

月額とは別に685円で、月のデータ量制限は解除されます。

WiFi端末無料。

キャッシュバックの代わりに、月額料金を抑えたプランです。

 

楽天モバイル

要らなくなったスマホや、データ通信端末を持っている方は、ぜひ楽天モバイルをおすすめします。格安SIMは、安い料金でモバイルWiFiが楽しめるのでとても便利です。

使い方も簡単で、その端末のテザリングをOnにして持ち歩くだけ。

楽天モバイルは、ドコモ回線を使用しているので、エリアはもちろん十分です。

また、時々スマホ本体と同時購入のキャンペーンを行っているので、一度公式サイトを確認してみてください。

月額料金

525円(ベーシックプラン制限なし200kbps)

900円(3.1GBプラン225Mbps)

1,450円(5GBプラン225Mbps)

2,260円(10GBプラン225Mbps)

ベーシックプラン以外は、月のデータ量が決まっています。